夢のあと

アラサー独身女性のひとりごと。思いつき。不定期更新。

私が得たもの

私が彼から貰ったもの

・たくさん話しを聞いてくれたこと

・私が喜ぶような物をたくさんプレゼントしてくれたこと

・料理を作ってくれたり、家事をしてくれたこと

・自分の体を大切にするように、休みを許してくれたこと

・楽しいデートをいつも考えてくれたこと

・喧嘩は長く付き合うためにするものだと教えてくれたこと

・付き合いの中で浮気などの不安を感じさせなかったこと

・だらしない、弱い自分を見せられたこと

 

 

彼がおそらく欲しがっているもの

・いつでもどんな自分でも受け入れてくれること

・私が不機嫌にならないこと

・彼の考えや言葉は全て正しいと、私が心から信じること

・いつでも電話にすぐに出ること

・独り言のラインに返信するなど、常に関心を寄せてほしいこと

・友達よりも何よりも彼が1番でいたいこと

・彼から貰った愛情には、必ず喜ぶこと

 

 

私が彼にあげたかったもの(あげていると思っていた)

・母親のように、全てを受け入れる愛情

・いつも機嫌よく、自分らしくいること

 →この2つは無理だった。いつも私は母性的な愛情と恋愛の愛情を間違えてしまう。対等でいるには、互いの尊重やコミュニケーションが必要だ。

・相手が嬉しいと思うことを考えること

 →サプライズは喜ばず、物を無駄にすることが嫌いなので、自分が欲しいものを欲しがる。しかしそれだけだと満足しない。+αが大事と言っていた。

・相手の生活時間に合わせた

・相手の負担にならないように、移動や金銭的な負担をワリカンにした

・相手の居住地に移住するべく、就職試験を受けた

 

 

不満

・命を大切にする=食べ物を大事にする、という考えは大好きだったが、彼の過去を聞くと繋がらなかった

・私のミスに対して行動の修正を強いることを学べたが、彼の過去を聞くと何故修正していないのかわからなかった

・電話やラインで愛情を図ること

・何がきっかけで不機嫌になるかわからないこと

・急に電話口で怒鳴り出すこと

・冷却期間を置きたいのに、置かせてもらえないこと

・別れる気がないのに、何度も口にして試すこと

・感情のコントロールができないこと。自分の機嫌を自分で治せない。

・だからか、常に体調が悪い(と言う)こと

・学生時代の武勇伝ばかり言うこと

・仕事の不満で溢れているのに、何故ブラック企業といわれる職種につくのか、理解に苦しむこと

・母親への不満が多く、母親と私を重ねて不満を言うこと

 

 

それでも好きで好きでたまらなかったし、互いの親族に会うほどには関係は良好だった。

自分の気持ちをごまかしていたことがよくなかった。

どんな過去だろうと受け入れたい自分と、生理的に無理な自分と出たときに、周りに相談して、自分の気持ちとしっかり向き合った方が良かった。

徐々に電話やデートが負担になってくる感覚にも戸惑いしかなかった。

好きな彼、から、好きでいたかった彼になっていた。

でもそれでも話し合いをしたり、喧嘩したり、仲直りしたり、なんとか良くしようと思っていた。

誰と付き合っていても喧嘩はある。不満もある。今まで飲み込むことが多かった私だけど、それを彼とチャレンジして乗り越えられたのならば強い絆になるだろうと。

そう期待していたのだ。

 

ただ、喧嘩や不満、八つ当たり、嫉妬をぶつけられるたびに、本当に疲れていった。

一緒にいたいならば、どうしてそういう態度をとるのか理解に苦しむ。

そういうものを受け入れるふりして受け入れる度量がなかった自分にも責任はある。

 

昨日から彼は不機嫌だ。

もう相手の感情に振り回されるのも懲り懲りだ。

明日も同じようだったら、愛情と感謝を伝えよう。相手の言葉を聞こう。

それでもダメならもうダメだ。